引越について苦労した体験談

知り合いの方が引っ越し屋ではないのですが家具屋さんで引っ越しも請け負って下さるという業者さんを紹介して下さり、
一般の引っ越し屋よりも格安で引き受けて下さいました。
この点に関してはとてもラッキーで本当に有難かったのですが、6畳の2DKから新しく引っ越す先の部屋は6畳一間でした。
相当な狭さになる事になりましたので、とにかく荷物を減らさなくてはならなくなり、ソファーやテーブル等も捨てなければならなくなりました。
どちらもお気に入りだった為とても手放すのが辛かったです。他にも色々な物を捨てなければいけなかったのですが、中でも特に苦労したのが洋服です。
タンスと衣装ケース6ケースにぎっしり入っていたので、引っ越し先には入りきれない為、沢山捨てなければならなくなり、それだけでもかなりの辛さなのに、捨てる服と残す服を分別するのにとても苦労しました。
ちなみに今回のワンルーム引越しでは下記サイトが参考になりました。
Website:ワンルーム引越し【料金格安化の鉄則】

 

相当悩みながらの分別で時間が物凄くかかりました。
この引っ越しの中で、洋服に関してが1番苦労したと思います。分別で出た捨てる服の量は、45?の燃えるごみ袋に15袋でした。
めちゃくちゃ重くて驚きました。ここからが更にとてつもない苦労の始まりでした。
まずマンションは4階建てなのでエレベーターがありません。
全て持って階段で運ばなければならないのです。
しかもゴミ捨て場は少し遠くて登り坂を登った所にあるのです。
服だけで8往復しました。もうフラフラのへとへとでした。
今までの引っ越し経験の中で、1番苦労した引っ越しでした。
この引っ越しで私は誓いました。2度とエレベーターのないマンションには住まないという事を。